クマの2010年下半期20選紹介記事

基本レギュレーション

2010年7月1日~2010年12月31日の間に投稿されたニコマス新作
アイマス成分が少しでも入ってればアリ。
期間前に通常版が上がって、期間内に内容変わらずの高画質版が来たものはナシ。
ただし、ある程度リメイクされていればアリ。
期間内に通常版と高画質版があるものは統合して集計。
期間前から始まっているシリーズ物でも、期間内に選びたい回があればアリ。
シリーズ物は基本統合して集計。
削除・非公開動画も可(まとめ動画に載る場合はタイトルとP名のみ紹介)


1人のPにつき1本ずつ

合作や別名義の動画は別物としてカウント。

20本以内をブログやマイリストで公開して参加エントリー

年末に公開予定の参加エントリー記事に、お名前とリストのURLをコメントすることで参加表明。
これも入れたかった等の記載があれば、21本以上リストに入れてもらって構いませんが、集計はしません。
特に記載なくリストに21本以上ある場合は、勝手ながら上から20本のみ集計。
もちろん、1本だけでもOK。
選考基準はフリーなので、単純に好きな動画を選んでも、なにかテーマに沿って選んでもOK。


今期も始まりました20選が・・・918の影響は少なからずあって
卓球Pは主催に回らない形での開催になりましたが・・・。

一応選ぶ際に自分ルールを決めていました
『何度もリピートした今でも内容を思い出せる動画』
『本気で好きって言えるか』
『とにかくスゲェ作品』
故にアイドルは偏ってる再生数もマイリス偏ってるという結果に
でもそれでいいと思います。好きな動画には再生数もマイリス数も関係ないですし
だから今回の結果はほんと悔いないです。

並びは投稿順ですよ、別に上にあるから特に好きとかないです。
ではクマの2010年下半期20選をどぞ~
↓↓↓




2010und20_sumatora.jpg
*スーP
10年下半期に入っていきなり出てきた傑作、相対性理論で特に疾走感のある曲にも
負けてないインパクト、でも服装がパジャマであったり暖色系が多かったりと
少女としての彼女たちの魅力も表現されています。
エージェント・Iwantで使われる回転というダンスで千早春香の動きを上手く重ねて
瞬間的に入れ替わるようにした所謂「スーPターン」は初見で驚かされました。




2010und20MAGIC.jpg
*覆面作家P
過去の出来事から自らを呪いで律した彼女に対してかけた魔法と
内にある本心を揺るがず信じ続けたプロデューサー
曲名にもなってる「マジックディスク」が流れ、物語の「転」に入った時の
盛り上がり。本来の律子が解き放たれた瞬間が可愛すぎる。ギュッてした!




2010und20_comeon.jpg
*keykeip
アイドルと歌姫が歌い踊る、MMDや曲を通じたコラボは数多くあれど、
ここまでのモデル映像による「コラボライブ」というのはまずない
そしてコラボした上でリアリティを出す演出というのも優れている。
彼女たちが作り出すパフォーマンスはまさに本物です




2010und20dande.jpg
*木っ端っP
まだ沖縄にいたころから彼女を見続けていた誰かの視点
そしてアイドル活動を開始し自分たちが知る「アイマス2」という舞台へ進んでいく。
実写背景とCGにMMDという組み合わせがまったく違和感を感じさせなくて
見終わった後に響が愛しすぎて堪らなくなる




2010und20_tptp.jpg
*TPTP
窓を介して移り変わるひとコマは静止画のはずなのに時間が流れていてストーリーがある。
そして繋がってる世界の延長線上にアイマス2もあるんだね、
この時に映像に動きだして「my song」のリミックスに切り替わるのですが
変わっていく時の衝撃と鳥肌は半端なかったのです。




2010und20_japaneas.jpg
*こんP
映像が如何にも「ジャパニーズ」ですよ、良くも悪くも曲解した日本のカラフルさとイメージが
動画に面白さ、楽しさを伝えてくる。しかも今回はアイドルの顔の向きに合わせて
ちゃんと仮面も動かすという手の込みよう。こんPご本人のイラストも可愛いです。




2010und20_dicade.jpg
*炎のP
アイドルの人数とディケイドの世界設定をうまい具合に絡めた力作
変身に用いるカードがアイマスVISAカードだったりゲイツポイントだったりするけど
ディエンドライバーを持たせたり春香が走ったりする描写、映像面のさまざまな部分は
ガチな作りになってます。違和感仕事しろ!




2010und20_tokiniha.jpg
*ナファランP
2005年から始まったアケマスから今に至るまでのアイマス・ニコマスの軌跡
新参な自分は過去の企画に立ち会えなかったけど、これからの企画なら見ていける
だから昔の話を聞ける時は聞いておきたい、知りたいと思ってる。
スクショは自分のブログなのだけど、この動画の中に自分のブログが入ってたというのが
驚きと同時にとても嬉しかったのです。




2010und20_pbrf.jpg
*だいすP
正直、自分のキャパシティでは噛み砕くにしても余りに時間をかけてしまった。
そんな筋肉少女帯の作り出す歌詞世界にもまったく引けを取らない作品
現実と自意識の狭間で1人で戦い続ける彼女達。ダンスや表情の改変によって
物語に深く潜り込ませ、生々しさを増長していく。
時に凶器を感じつつもその展開を見届けないと気が済まない。
実際のドラマを見ているかのような感覚でした




2010und20_ganamegare.jpg
*NamcaP
10年下半期で最も勢いのある方の1人でしたね。既存曲をテンポ良く組み合わせた
マッシュアップは違う曲同士なのにフレーズ同士が噛み合って違和感がないし
響の可愛さをこれでもかと表現されていて2828が止まらない




2010und20_Five.jpg
*FRISKP
異なる5つのダンスを1画面に5分割して入れ替わりながらもシンクロさせる
とにかくセンスが凄い、使用している動画が借り物だという事を忘れてしまうほどに
動きを止めるタイミングは春香の一瞬の表情にピタリと合わせてくるし
5つ全ての映像が動き出す最大の盛り上がりは背中をゾクゾクした感覚が通り抜けました




2010und20_goodbey.jpg
*ヒトコトP
オーディション、コミュ、思い出、「アイドルマスター」というセカイにサヨナラ。
手を振って振り返った彼女たちは次のステージへと繋がって進んでいく、
そして残ったのは誰もいないステージのみ。
果てしない可能性を感じる光に満ちた空間はどこまでも広がっているように感じる




2010und20_hakubisin.jpg
*ユウシロウP
ロックが好き、歌って踊ってどこまでも突っ走る事が好き、
「最低」という言葉を前向きにカッコよく言えるだなんてのはアイマスの千早では
まずあり得ない。ユウシロウPの千早が持ってる輝きですよね
このテンポの良さが堪らなく好きです




2010und20_matoryosika.jpg
*masamasaさん
アイマスが揺れに揺れた時期、MMD魔王エンジェルモデルの登場で活気がありました。
そんなある種のお祭り騒ぎの中でずっと頭から離れなかった動画がこれ。
りんの首が回転しインコの羽が荒ぶる。軸の法則さえ無視した動画は
中毒性が半端ない。耳と目の両方から摩訶不思議な感覚が攻めてきます




2010und20_????
*・・・---・・・さん
たぶんアイマス2と言ったらこの方が皆さん真っ先に思いつくんじゃないかと思います。
「*んじゃえばいいんだって」もそうだけど、答えや意図するところが薄々分かってる、
そんな部分をRADの歌詞に上手く当て嵌めて伝えてくるんです。
事実にも近い言葉であるからコメントが受け入れるもの、反発しようとするもの、
共感するものとはっきり分かれるんじゃないかな。
アイマスに対する自分たちの想いを考え直させる動画でありました




2010und20_sexaction.jpg
*runawayP
背中、脇、首元、臍、視線それぞれのアップに興奮しまくり、はちきれんばかりの
身体をこれでもかと動かしてきます。下期数多くあったあずさメインの動画で
ここまでセクシーで熱い彼女はなかなか見られないですよ




2010und20_gekkou.jpg
*hikaruP
自分が一時期ブログを休止してた時にこの動画を見て強く惹かれたのを覚えています。
2人のグラフィックが重なる時にまったく知らない「彼女」という姿を垣間見る
捉えどころのない音楽と現実味を薄れさせる映像エフェクトによって
とてもフワフワと曖昧な世界で3つの違う存在に変わる様は見ていてため息が出ました。




2010und20_dream.jpg
*ぴっかりP
改変、シンクロ、アイドル一人ひとりのモーションの微妙なずらしによるリアリティ。
サクラ大戦をやった事がなくてもこの舞台を見て黙ってるなんてできなかった
歌い踊り煌びやかなにスポットライトを浴びる、まさに彼女たちの独壇場だ
見た人に、希望、夢を与える場所です。ブラボー!オーブラボー!!




2010und20_uwaki.jpg
*わたまきさんP
浮気相手ってだれなんだ?
2人が実際言いそうな言葉や口調を上手く捉えた声マネ、替え歌センスに脱帽してしまう。
音の響きと場の空気は完全にカラオケ会場、小鳥さんを「手羽先」呼ばわりし
律子の切り返しは明らかにデレてる。どこの夫婦漫才だw




2010und20_aihibi.jpg
*そいP
自分はノベマスをそこまで見てる人ではないのだけど、この作品は本気で好きだと言える。
文句を言ったり捻くれた態度をとっても本心はまっすぐで他人を見捨てられない響と
アイドルという立場に翻弄される愛の姿にいつもwktkしていました。
みんなを幸せにするのはアイドルでも肩書でもなくそのままの彼女自身の笑顔なんだよ


*サムネ一選

*天才カゴシマP
タイトルとサムネという回避不能のダブルパンチでクリックしてしまった作品
ちなみに動画の内容も765プロ大崩壊状態でしたw

スポンサーサイト

2011.01.02 03:02 | ニコマス20選 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://midukiteil4b.blog9.fc2.com/tb.php/274-12affbec

| ホーム |